聴覚過敏 症状の原因と治療

自分で鎮める聴覚過敏症! 耳鳴り 治療

聴覚過敏 症 の 治療法




 聴覚過敏 を改善するには・・・


耳のトラブル専門

コンテンツメニュー
 耳の専門施術院はこちら
 院長って、どんな人?
 ご相談・お問い合わせ
 ※お気軽にメールをご利用下さい。

大きな地図で見る


アドバイス風景
聴覚過敏症でお悩みの方に朗報です。

症状の原因の一つでもある、自律神経の乱れを整え、神経の興奮を落ち着かせることで聴覚過敏を和らげる秘訣をお伝えします。

あなた様が症状に悩まされずに少しでも楽な日常を取り戻して頂く事が私の願いです。どうぞ希望を持って前向きな気持ちで以下を読み進めて下さい。
(聴覚過敏症 解消サポート:山下 剛)


この音の響きをなんとかして!!

症状に悩む画像
「耳に入ってくる音がキツく感じられて仕方がない」
「食器や金物が重なる音が痛いほど耳や頭に響いてイライラする」
「異常なほど音に対する脅迫感があり耳栓が手放せなくなった・・・」

耳に入ってくる音がきつく感じる、歪んで聞こえる、音が響く感じがして鬱陶しい。時にはビリビリ・キンキンと痛みを感じることもある聴覚過敏症。

聴覚過敏は音が直接神経に触れるかのような鬱陶しさがあり、音に対するその感覚は心にまで響き、イライラと不安感を煽り立てることさえあります。

病院で安定剤を処方されても症状が落ち着くことはなく、パニックになりそうだという方も決して少なくありません。音を避けるべく、耳栓を常備している人もいます。

そんな症状にかかったときどうしたらいいのか?

耳鼻科での聴覚過敏症診察風景当然、まずは耳鼻科などの専門機関に行くことが先決です。

早期の治療により治癒することもあるからです。

しかし一方では、処置を施しても改善されないケースや診察・検査をしても特定できる原因がわからないといった事態も多く報告されているのが現状です。


そこで当サイトでは、そんな聴覚過敏でさえも治癒が向上し、穏やかな耳の調子が戻ってくることが多い、簡単な自己対策プログラムをご紹介します。

今回は実際に試された方々の症例や、どのように対策するのか等をふまえて、あなた様にとって重要なことをお話しいたしますので、ほんの5分だけお時間をください。


お医者さんもお手上げ、原因不明の聴覚過敏

論より証拠。聴力・聴覚回復法に取り組んだのち、症状が改善された症例をまずはご覧下さい

山下剛先生
ピアノの練習を最も頑張っていた時に、聴覚過敏の状態になりました。

騒音やピアノを弾いた時、激しくなります。2年程前からですが、ずっとです。今回、試してみて、初め、神経が効率的に落ち着いてくるのを、感じました。
Rさま


山下様
いつも情報ありがとうございます。私の場合ストレスを受けやすい生来過敏症的傾向のため、大勢の面前ですと過度に緊張するタイプです。

しかし教えていただいた自己調整法を少しづつやり始めてから睡眠が少しづつ深くなり始めました。先生もたぶんこのような実践の積み重ねが重要であるというをお伝えしていただいていると思いますので。

ようやく先生のご指導の意味がすこしづづわかり始めてきました。やはり呼吸と筋肉と交感神経、副交感神経がすべての健康の秘訣になるということがとりあえづわかりました。
若林さま


山下 剛 様
2ヶ月前頃から、右耳に違和感があり耳鼻科に行きました。器質的には何もありませんが、「最近、疲れていませんか?」と言われました。

全くその通りで、ストレス一杯の毎日だと答えました。「疲れが取れたら直りますよ」の言葉に勇気付けられながら、なおストレスの中におります。

私は免疫学者で、何事も科学的に物事を考えてしまいますが、山下様の言葉の隅々に新鮮なものを感じます。人間の身体の恒常性維持には、心(精神・神経系)・内分泌系・免疫系は密接に関係しています。

今の耳の違和感(多少聞こえにくい)も人間であるが故のように思えます。心静かな気持ちを持ち続けることで、この違和感から離れられるような気がしてきました。感謝
松田さま


いつもありがとうございます。
聞こえは、とてもよく聞こえる時と、聞こえにくい時とあります。

よく聞こえる時は、こうかあったと嬉しくなります。
これからも続けて、試してみます。今日の新しい方法もやってみます。
(1ヶ月後)
お久しぶりです。耳鼻科受診し、聴力を測りました。初めてメールしたときは、かなり聞こえが悪かったのですが、現在は悪くなる前くらいに聴力が回復しました。

内服薬とこの療法で回復できました。これからもこの療法は続けていきます。本当にありがとうございました。
Pさま


如何でしたでしょうか。

ほんの一例ですが、中にはあなた様と同じような状態の方もいらしたかもしれませんね。

しかも、これらの症例は、苦痛を強いられるような治療をするわけでもなく、簡単な動作を少しずつ実践しただけで出た結果なのです。


実は、聴覚過敏に悩む人には共通点が!?


聴覚過敏症の方のご相談を沢山頂きますが、症状が発症した原因や経緯をお聞きすると、ある1つの共通項が頻繁に見られます。

それは「プレッシャー」というキーワードがとてもよく当てはまるかもしれません。

例えば、
・日々の生活の中でトラブルを抱えていたり
・グループの中心的役割に立たされていたり
・気が休められない心配事や不安事を長く抱えている人
・体に負担がかかり続ける環境に置かれている人

等々、肉体的・精神的に常にプレッシャーにさらされている人、それも、より強くかかっている人が聴覚過敏を発症する場合が多いようです。

あなたはいかがですか?

こうしたプレッシャーと聴覚過敏症にどういう関係があるのか、疑問に思われる方も少なくないかもしれません。

でも実は、もの凄く密接に関係しているのです。それは「自律神経」という生命バランスを調節する機能を介して症状は生まれることが多いのです。


■自律神経が乱れることで聴覚過敏症が発生する

自律神経は簡単に説明すると、活動するための神経「交感神経」と休むための神経「副交感神経」とのバランスで成り立っています。

人間は活動しては休むの繰り返しで生命のバランスを保っています。

その中でも、交感神経というのは「ストレス」「刺激」によって働くようになっているのですが、常にプレッシャーを抱えている人は、この働きが持続的におこなわれるわけです。

つまり、肉体的・精神的に休まることがないというわけです。

休むことが出来ないと神経は興奮しっぱなしになり、やがて自律神経に乱れが生じ、交感神経と副交感神経のバランスは崩れ、自律神経失調症などにつながるようになります。

神経の興奮が耳へ影響した場合、聴覚機能をうまく調節することが出来なくなり、音の刺激に対して過度の反応を起こすものと考えられるわけです。


聴覚過敏症の慢性化は音を避けることから!?

さらに聴覚過敏の慢性化は、症状を患うことによるストレスが輪をかけて悪循環となることが多いようです。
例えば、音に対して過敏になるが故に、出来るだけ「音を避ける」ことを前提とした生活に追われます。

「追われる」ということは、その生活自体が常に不安やプレッシャーを抱えることにつながり、結局、音を避けようと努力する行為そのものが、自らでプレッシャーの材料を増やすという悪循環が作られるわけです。

耳鳴り 聴覚過敏症
これでは精神的にも休まることが出来なくなり、ますます聴覚過敏は慢性的に根付くようになります。

あなたは心当たりはないですか?


私がお伝えしている聴覚過敏対策をはじめ、聴力や聴覚のトラブル解消法は、こうした根本的な部分をケアしていくところが特徴でもあります。


実際のやり方はカンタンです

先にもお伝えしましたが、耳にプレッシャーがかかると自律神経が乱れる材料となります。
そして自律神経の乱れはさらなる突発性難聴などの耳の不調を強くさせてしまいます。悪循環が起こるというわけです。

また、こうした自律神経の乱れは筋肉の緊張を引き起こします。

例えば、あなた様は聴覚過敏症以外に首筋が辛かったり、肩がこったり、腰が痛かったり、とにかく疲労がたまりやすい体をしていないでしょうか?

コリというものに、それほど自覚症状がない人も、誰かに肩や背中などを触ってもらってみてください。「よく凝ってるわぁ」などと言われることでしょう。こうしたコリや緊張、体のアンバランスは突発性難聴を慢性化させる格好の材料となります。

ただ、体のバランスを整え緊張を緩和させるのに難しい努力は必要ありません。

専門家からも絶賛
メディア掲載

お伝えする情報は現場で培った「生の治療理論」を取り扱っておりますので、医療の専門家やメディアからも注目され評価を頂いております。

まずはご自身の首の緊張や体のバランスを整えることから始め、無理なく聴覚過敏対策に取り組んでいただけるよう、もっとも効率の良いものをご用意いたしました。

★メール読者様からのご感想★
「私も、突発性難聴です。このメールで、なんとなく気持ちが楽になります。」西条様

「自然な会話が家族と交わせるようになりました。補聴器はもうぜんぜん使っておりません。今日から、首の体操もやりますね。先生のおかげで希望が出てきました。有り難うございます。これからもよろしくお願いいたします。」 I様

「いつも聞こえ対策のメルマガ、ご配信くださり、ありがとうございます。 おかげさまで、耳は全快しました。」 久松様

「山下様からのメールも全部コピーし、対処法も実践しました。当たり前に聞こえることの大切さをこんなに感謝した一年はありませんでした。」尾関様
聴覚過敏症の解消サポート
大阪市淀川区十三東1-18-28


【マスメディア掲載歴】
聴覚過敏症だけに留まらず、耳鳴りなどの症状に関する原因追及や治療法の解説等を通じて、各メディアから取材を受けたり、監修等も務めました。


【日本が元気です】
取材
俳優の三波豊和さんが主催するインターネットサイト、「日本が元気です」に掲載。取材に女優の大場久美子さんがいらしてくださいました。 

「健康」
掲載誌1
【主婦の友社】発行の
「健康」別冊付録で特集掲載

「安心」
掲載誌2
【マキノ出版】発行の
「安心」にて掲載


「安心」
掲載誌3
【マキノ出版】発行の
「安心」特別付録に特集掲載

「健康」
掲載誌4
【主婦の友社】発行の
「健康」に掲載

宮崎日々新聞掲載
掲載誌5
つるかめ通信欄にて
紹介記事

月刊武州路掲載
掲載誌6

新潟バイタリティー掲載
掲載誌7
12月号

■12月25日
編集者様に耳鳴りの対策法の効果を実感していただき全国誌「味の手帖」に掲載されました。



【受付です】
アロマの香る癒しの空間でお出迎えいたします。一見、治療院とは思えない白を基調としたナチュラリーな空間です。
受付カウンターを横切って・・・
待合室は廊下奥になります。清潔スリッパに履き替えて頂き、そのままお進み下さい。
【待合室です】
リビングのような待合で、まずは一息ついて下さい。専用のチェックシートに今日お悩みのことやご相談を書いて頂きます。
【カウンセリング】
初めての方はお悩みをしっかりお伺いしながら状態をチェックしていきます。緊張するなと言っても初めてだと緊張するでしょうから(苦笑)その緊張も楽しく解きほぐしながらお伺いいたします。
【心地よくて不思議な整体】
全身トータルでケアするため、そのときだけの効果ではなく、日増しにジワジワ調子が上がっていきます。
【体をリラックス、気持ちは集中・・・】
本当のところ症状に対してどう向かい合いコントロールしていくのか。そのことを知るだけで大きな前進につながります。
【ス〜っ・・・ やったネ♪】
毎日頑張るあなたの心身を、心を込めて癒し症状克服のお手伝いをします。元気な笑顔になって頂くことが私たちの願いです。
耳の施術をご希望の方は
こちら


お便り
(葛西様)
いつもメール情報をなるほどなあって思いながら読ませていただいています。

今回もヒントになりました。わたしたちの体、命自身にものすごい価値があるんですね。これからもまたいいお話を聞かせてください。

S様
S様と一緒に
(田井様)
先生のこのメールは大変勇気付けられ励みになっています。ありがとうございます。

(TEIJ様)
対策メールいつもありがとうございます。前回と今回の内容はとても心に響きました。いろいろな気づきをいただいています。感謝です。

おかげさまで痛みもほとんどなくなりました。ただ疲労やストレスが溜まってくると今でも動かしにくくなることもありますが、私に危険信号を出してくれているのでしょう。多分。今後ともよろしくお願いします。

M様
M様と一緒に
(森様)
いつも有り難う御座います。
さて、いつも読ませて頂いて短い言葉が私を元気にさせて頂いています。

今日発信のメルマガで私一人が体力や免疫が落ちているのでは無いと言うことが分かりました。

病気や環境に勝とうと思わずに自分に受け入れる方が得策であると理解しました。いつも生きるヒントを下さって有り難う御座います。

(K様)
耳鼻科ではアレルギー症状と蓄膿、中耳炎を併発していると言われ、1月以上投薬で治療を受けましたが、耳鳴り以外に気になる症状もなく、ドクター不信でした。
何かとんでもない重大な病気の原因がかくれているのではと考えると、より耳鳴りが気になり、寝付きにくい日々が続きました。
山下先生のお話で、あまり耳鳴りを気にしなくても大丈夫だと思え、また、普段のストレスだらけの生活を見直そうと思うきっかけになりました。
N様と一緒に
N様
(朝倉様)
早々のメール有難う御座いました。『読む薬』マガジン一錠目,試飲しました。
私だけでないことを知り大変楽になり効果が出たと思っています。本当に有難う御座いました。

立花 美容室
小顔矯正
ヘッドスパ

ムンプス難聴 薬剤性難聴 めまい 進行性難聴とは 難聴(低音型) めまい症状 外リンパ瘻 ハント症候群 外骨腫 食生活の乱れで耳硬化症を発症することも 内耳炎 滲出性中耳炎 突発性難聴という病気 メニエール病という病気 前庭神経炎とは 聴神経腫瘍の症状 突発性難聴と耳の閉塞感 蜂の子パワーミンミンスッキリとは 耳鳴りの治療法 気になる音を我慢してはならない 突発性難聴とじんま疹 突発性難聴と胃腸炎 突発性難聴と高血圧 耳鳴り漢方 クロレラ酵素とは 突発性難聴は遺伝するのか? 耳鳴り漢方 西瓜霜喉宝とは 治療が難しい耳の閉塞感 耳に異常を感じたら 聴覚過敏の原因 耳のトラブルと耳鳴り メニエール病とは 聴覚過敏に効果のあるもの 耳閉感とは

 
5分ほどでお届けします

イラスト 聴力・聴覚回復セットにはすごく興味はあるけれど、
まだ思い切って注文するのは不安だという方に。

以下の無料メール講座を、ぜひご利用下さい。

心身のアンバランスが慢性化の要因となりやすい耳のトラブル。
気づかぬうちに蓄積されたストレスや肉体疲労は、症状の更なる悪化につながることもあります。

このメール講座では、治癒への第一歩を踏み出すための指針として、聴覚過敏・耳鳴り・耳閉感・突発性難聴・メニエール病といった症状でお悩みの方に、役立つ情報を、気軽にメール形式で受け取ることが出来ます(無料)

特別レポート
さらに、耳のトラブルスッキリ解消に効果的な、
「自律神経と体の歪みを整える超呼吸法(右図)」など、
すぐに使える方法も限定でお伝えいたしております。もちろん無料。

ここにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなた様もきっと治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。


以下のフォームから5分ほどでお届けいたしております
解消メール

お名前


メールアドレス(PC用)


★メール読者様からのご感想★
「今までいろんな病院に行っても良くなる気配がなかったのですが、読んでいるだけで治っていきそうな気持ちが軽くになりました」N吉様

「今ではあのときの辛い耳の感覚は何だったのと言えるくらい過去の経験になりました」 I・M様

「山下先生のホームページに辿り着けて本当に運が良かったと今でも思っています。」野々宮様


HOME治療院耳鳴りPMS聴覚過敏とは
お問い合せ

Copyright© 2012. All rights reserved.聴覚過敏を和らげる秘訣!原因と治療